©Funabashi Dragon Boxing Gym
11月22日試合結果

11月22日(水) 後楽園ホール

日本ユーススーパーフェザー級タイトルマッチ 8回戦

 

×石井龍輝(6W4ko2L)

5R 2’55” TKO 負け

◎三瓶数馬(日本ユースチャンピオン13W4ko4L 協栄 )

 

1R   サウスポースタイルの石井は立ち上がりから右ジャブをよく出し、

軽いサイドステップも混ぜながら流れを掴む。

 

2R 両者距離を詰めての接近戦でショートフック、左右アッパーの

打ち合い。ラウンド終了間際、石井は左フックでダウンを奪う。

 

3R 左右ショートの打ち合いの展開。

4R 打ち合いから石井はボディを打たれ徐々にスタミナを奪われ、

ついに右ストレートを正面からもらいスタンディングダウンを取られる。

 

5R 流れを変えるべく前に出て連打する石井だが、

ボディのダメージが回復せず再度ダウン。

再開するもののラウンド残り5秒を残してレフェリーが試合をストップ。

3敗目を喫してしまった。

 

相手の三瓶選手はプロキャリアでは石井の倍以上だが、前半は一方的に

パンチを当てる展開だっただけに悔しい敗戦だった。

 

石井選手、お疲れ様でした。

ゆっくり休んでまた頑張ろう。

 

IMG_1686

IMG_1707

IMG_1728

IMG_1749

IMG_1746

 

 

||BLOG||2017/11/22||